サスペンション 高品質の人気

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は8、9の両日、第24節8試合を実施。三重県勢2チームはいずれもアウエー戦に臨み、鈴鹿ポイントゲッターズは9日、東京・国立競技場が会場のクリアソン新宿戦で後半17分のMF松木駿之介の先制点を守り抜き1―0で勝利した。

鈴鹿に55歳の元日本代表FW三浦知良が今季移籍加入していることもありJFL史上最多の1万6218人が来場した。三浦は後半31分から途中出場し自身の持つJFL最年長出場記録を更新した。

ヴィアティン三重は8日、大阪・枚方市立陸上競技場でFCティアモ枚方に挑むも1―2で敗れた。前半4分、後半16分と失点。前後半通じて相手を3本上回る11本のシュートを放つが得点は後半36分のFW田村翔太の1点にとどまった。

9日現在の両チームの順位は、鈴鹿が9位(勝ち点34)、ヴィアティンが10位(勝ち点32)。